自分の親戚が亡くなった時の反応「まとめ」

通夜、葬儀・告別式でのマナー
故人をしのぶために参列してくださった弔問客に対する感謝の気持ちを示すことはとても大切です。
喪主や遺族は大切な人を亡くして、悲しみに打ちひしがれている状況の中での葬式。
なかなか死を受け入れられず、前を向いて考えることすら出来ないでしょう。
その気持ちは痛いほどわかりますが、喪主・遺族として無理のない範囲でのおもてなし・感謝の表意を意識しましょう。
また、弔電の紹介や参列者の氏名を読み上げる場面で相手の名前や肩書きに間違いがあると失礼になりますので、注意しておきましょう。
やっぱり気が動転しているとどうして良いのかわからなくなると思います
しっかりと準備した状態で迎ええる人って案外少ないですよね。