アップル社のりんごについて

アップル社は1976年4月1日にアップル・コンピューターという名前で創業されました。ですが、2007年1月9日に現在のアップルに改名されたのです従業員数は11万5千人。世界中に450以上もの店舗を展開している本物の大企業なのです。
スティーブジョブズがなぜアップルという会社名にしたのかという決定的な確証はありません。ですが、スティーブ・ジョブズがアップルを選んだのは次の理由からだったようです。果食主義を実践していたから。あるいは、リンゴ農園の剪定作業から帰ってきたところだったか。あるいは、元気が良くて楽しそうな名前であり、怖い感じがしないから。コンピュータの語感が少し柔らかくなるから。電話帳でAtari(他テレビゲーム会社)より先に来るから。いろいろな説があるのです。このような様々な出来事が、ジョブズの頭の中に「アップル・コンピューター」という単語を発想させたのかもしれません。
続いて、なぜリンゴのマークがかじられているのかを説明しますね。アップル社のロゴマークといえばリンゴのマークですよね。ですがこのリンゴは右側がかじられてるんですよ。ただのデザインなのか、何か意味がこめらているのか気になりますよね。実はこれはちょっとしたジョークです。「かじる」を英語にすると「Bite(バイト)」となります。バイトとは、コンピューターの情報量の単位である「Byte(バイト)」のことなのです。ちょっとしたジョークですね。ちなみにですが、アップル社のコンピューターの事をマッキントッシュ(Mac)といいますよね。これは創業者の好きなりんごの品種だったといわれています。