モテ期は誰にも訪れるとは限りません

自分の人生を振り返ると、小学校高学年がモテ期だったのかなと思います。すでに定年を迎えこの先にモテ期が再びおとずれることはないです。
なぜ小学校高学年でモテることができたのかは、今振り返ると、偶然の産物であったことは間違いないです。それまで東京で生活していましたが、父親の転勤についていき、名古屋の小学校に転校になりました。今とは異なり当時東京は都会というイメージがあり、名古屋の小学校では一目置かれる存在になっていました。
東京ではさっぱりモテなかったので、あぜんとしてしまいました。数人の女子友達から好意をもってもらい、人生で初めてラブレターをもらいました。このまま続くのかなと思っていましたが、中学は再び東京に戻ることになり、3年間のモテ期人生は終わりになりました。中学校になったとたん、まったくもてなくなりました。それ以降現在までモテ期と思われる時代が現れていないので、最初で最後の良い時代を過ごしたなと思うようにしています。
イケメンや誰がみても女性から好意を持たれる人は、モテ期が続いているので、うらやましいです。あるいは家柄がよいとか裕福な家に生まれた人も、恵まれています。その人たちはモテ期が一生来ない人の気持ちはわからないはずです。
一生に一度は異性にもてる時代が来るといわれますが、それは間違いです。知らずに通り過ぎることもないです。モテない人は敏感なはずです。モテ期がどんな人でも一度は訪れる時代が来ることを期待しています。
あの時のモテ期を再現するために、今ではフェロモン香水という物を使っていますが、なかなか良いですよ。
>>フェロモン香水の詳細はこちら